COLUMN

今日のBeYond vol30

\ つまらない「研修」をBeYond!! /

受講者として「研修」のイメージってどんなものですか?

・受けなきゃいけない
・退屈
・つまらない
・長い

などと感じてしまう人もいませんか?

一方で作る側は「研修」に対して、ものすごく準備している。

この乖離は非生産的です。

面白くて共に学びが深まるような「研修」ってどんなものなんでしょうか?

それを考えていくと、どう言った「教育」がいいのかと言う問いにぶち当たります。

ご一読ください。

👇
https://www.businessinsider.jp/post-173096

以下一部引用

実践型研修のポイント

1.超短期間の実戦で戦力化

入社式から、de:codeのカンファレンスまで、与えられた時間は7週間。

2.第一線と仕事をさせる。

毎朝、30分〜1時間、社長自らが開発サポートを担当。英語能力を問わず海外とのビジネス会議に参加し、社内のスペシャリストと仕事を共にした。

3.特定の人を専従につけない

入社2年目の社員を新入社員6人のメンターに充てつつ、社内の席順は新人同士で固まらないようにした。各部署が新人に10%の時間を割くルールで、全社的に育成に携わる体制に。

4.成果を事業開発と直結

ミッションであるアプリのモック版を完成させることで、実際に社内の事業プロジェクトとして走り出す。

5.多人数×短時間の進行

プロジェクトの進行に応じて「必要な時だけ、必要なスペシャリストがピンポイントでサポート」という体制をとった。多人数の人が短時間のコミットを積み重ねることで、スピードを実現した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です