COLUMN

今日のBeYond vol32

\ 公と民をBeYond!! /

経済産業省から民間ベンチャーへ

何が得られるかわからない
だけど
行動しなくては何も得られない

そんな覚悟を感じる記事です。

なによりもトップや上の人がその必要感を感じ派遣を決定したことに価値があります
それが伺えるのがこの文章
👇
リスクが高い状況で、スピード感を持って意思決定をしていく。省内とは異なる現場感覚を学んでもらいたい」(大臣官房秘書課の宮崎由佳課長補佐)
柔軟性と、スピード感——。一般的に知られる官僚組織の特徴とは結び付かないように思えるキーワード。本人の成長を促すのが第1の目標だが、その先に見据えるのは「お役所仕事」からの脱却

☝️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です